ツーバイフォー住宅/北米住宅/輸入住宅/横浜市中区/アルセット一級建築士事務所
ツーバイフォー住宅/北米住宅/輸入住宅/横浜市中区/アルセット一級建築士事務所
work
建設士に頼むメリット
輸入住宅とは
ツーバイフォーとは
耐震構造

PLOFILE
建築士紹介
会社概要

INFORMATION
お客様の声
Q&A
お問い合わせ
プライバシーポリシー
サイトマップ
リンク

TEL

ツーバイフォーとは

ここでは今注目されている工法、ツーバイフォー(2×4)工法をご紹介いたします。
そもそもツーバイフォー工法が何であるか…。ツーバイフォー工法の構造面、規格など
ツーバイフォー協会の情報を基にご紹介させていただきます。


ツーバイフォー工法とは

ツーバイフォー住宅は19世紀初めの開拓時代に北米で生まれました。 限られた資材で合理的に建てられ、しかも自分と家族を守れる堅牢で快適な住まいが、 早急に必要とされた時代です。そのなかで誕生したのが、 合理的な建築方法と優れた性能をもつツーバイフォー住宅でした。
木造住宅であるツーバイフォー住宅は、日本の気候や風土にもマッチ。 安全で快適な住まいとして日本でも多くの皆様に愛され、年間10万戸の着工件数を伸ばし、 既に全国で160万戸が建設されています。


ツーバイフォー工法の特徴

ツーバイフォー工法の特徴は、構造耐力に優れた枠材と面材とが一体となった『面』で支える構造であり、6面相互の緊結により家を形づくります。これにより地震や台風などの力を建物全体で受け止め、荷重を一点に集中させることなく全体に分散してしまうので、外力に対して抜群の強さを発揮します。さらに面構造によって高い気密性や断熱性も確保され、快適で高性能な住まいが実現されています。
ツーバイフォー工法は、規格化された主に6種類の規格材や専用の釘・金物などを使用しています。規格が統一されることで材料の品質が一定以上に保たれるのです。また施工方法もきめ細かくマニュアル化。これにより施工者の技量に左右されることなく、どの住宅にも均一な高品質と高性能が可能となり、また効率のよい作業工程の確立がされて工期の短縮化が実現します。最近では、予め工場でパネル化し組み立てることから、更に品質が向上しています。
『木』は製材して住宅にしても呼吸をしているといわれますが、これは湿度の高いときには湿気を吸収し、乾燥してくると湿気を放出するためです。これにより室内の湿度変化が少なくなり、自然のエアコンの効果があるのです。すなわち木の家は健康的で、かつ経済的。ツーバイフォー住宅も木造建築であり、木造の良さを最大限に発揮しており、四季のある日本の気候にも適している工法なのです。

ツーバイフォー工法の特徴図

ツーバイフォーの面構造について

米生まれの「ツーバイフォー住宅」は、「在来木造住宅」とはまったく異なる考え方の建築工法です。もっとも大きな違いは、建物の支え方です。 「在来木造住宅」では「柱」や「梁」などを点で結合するのに対し、ツーバイフォー住宅では構造用製材でつくった枠組みに構造用合板を張り付けた「パネル」で床・壁・屋根を構成して建物を支えます。つまり軸組工法は「線と点」で、ツーバイフォー工法は「面と線」により6面体で、建物を支えているわけです。
「面構造」を基本にしたツーバイフォー住宅は、6面体ができあがると、家全体が強いモノコック構造(一体構造)となります。モノコック構造はもともと、極限の強度が求められる航空機用に開発されたもの。スペースシャトル、新幹線、F1レーシングカーにも採用されているほど、きわめて強固な構造です。
モノコック構造のツーバイフォー住宅は、地震や台風などの力を建物全体で受け止め、荷重を一点に集中させることなく全体に分散してしまうので、外力に対して抜群の強さを発揮します。


ツーバイフォー工法の規格材・マニュアル化

分かりやすく規格化された構造用資材
ツーバイフォー工法では、分かりやすく規格化された構造用製材を使用します。それぞれの構造用製材はJAS規格によって厳しく品質がチェックされ、使用する箇所ごとに製材品の規格なども細かく定められています。
釘や接合金具もシステマチック化されています。
ツーバイフォー工法では、接合部に専用のクギや接合金物を使用します。とくにクギに対しては使用する箇所や間隔、打ち方、使用本数にいたるまで細かく明確に規定されています。またクギのサイズや用途別に1本1本カラーリングが施されています。これは一度打ち込んでしまうと確認の難しいクギを、確実にチェックできるように考えられたものです。
きめ細かいマニュアルによって均一で高品質・高性能
ツーバイフォー工法は、構造材やクギ・金物のサイズ・使用方法・使用箇所から施工の手順まで、きめ細かくマニュアル化されているため、施工者の技量に左右されることなく、どの住宅にも均一な高品質と高性能を実現します。さらにプラットフォーム(床)の上で壁を立て起す方式は、床・壁・屋根の順に効率よく進行する作業工程によって、工期の短縮やコストの軽減といった面でも、面構造を基本とするツーバイフォー工法の大きなメリットです。


木の住まい

日本の気候、風土にも適したツーバーフォー住宅。
日本の高温多湿な気候にも、木の家は冬に温もりを夏には涼しさをもたらす、素晴らしい断熱性をもっているのです。 雨の日は湿気を吸い、乾いた日には湿気を放出する、調湿作用もあります。 木の家は軽くて強いことも重要なポイントです。家はまず自分の重さを支えなくてはなりません。 その点、木は軽量なので、負担が軽くて済みます。地震などによって加わる負荷も軽くなります。

木の住まい2

しかもツーバイフォー住宅は、「柱」で支えるのではなく、 床・壁・屋根が一体化した「6面体」で支える強固な面構造となっています。 木の軽さと強さに、ツーバイフォーの面構造が相乗効果をもたらし、 地震や台風など日本ならではの自然災害に対応できる高性能を実現します。


お問合せはコチラ

COPYRIGHT©2008 アルセット建築士事務所. ALL RIGHTS RESERVED.